スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<B型肝炎>福岡地裁でも和解勧告 札幌地裁に続き(毎日新聞)

 集団予防接種で注射器が使い回されたことが原因でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者ら133人が国に総額47億5200万円の損害賠償を求めた「B型肝炎九州訴訟」で、福岡地裁(西井和徒裁判長)は26日、原告・被告双方に和解勧告した。全国10地裁で係争中のB型肝炎訴訟で、和解勧告は12日の札幌地裁に続き2例目。相次ぐ和解勧告は国に和解に向けた本格的な対応を迫ることになりそうだ。

 原告側弁護団によると、西井裁判長は次回期日(5月17日)をめどに和解協議に応じるか否かの検討を双方に促した。和解協議に入る場合は具体的な救済内容の協議を進めたいとの意向も示した。

 勧告対象は今月24日に第9陣で提訴した原告11人をのぞく原告122人。幼少時に国による集団予防接種を受けてB型肝炎ウイルスに感染したり、集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染した親から母子感染したとされる。

 B型肝炎を巡っては、最高裁が06年6月、注射器の使い回しを放置したとして国の責任を認め、原告5人の勝訴が確定している。

 国内には推計100万人前後の感染者がいるとされるが、国は感染の因果関係が明確でないとして一律救済を拒否。そのため患者らは08年3月の札幌地裁を初めとし、東京や福岡など全国10地裁に順次提訴。26日現在、全国の原告数は419人となっている。

 厚生労働省は「福岡地裁からの提案については政府部内で対応を検討する」とのコメントを出した。

 ×   ×

 和解勧告を受け、原告側は福岡市内で記者会見。小宮和彦・九州弁護団長は札幌地裁に続けての和解勧告について「被害者・原告の声を裁判所が聞き届け早期に和解解決するよう国に求めた」との見方を示し「国は即刻和解協議に入るべき」と指摘した。また、谷口三枝子・全国原告団代表は「札幌、福岡と続けての和解勧告で国の逃げ道はふさがれた。既に全国で9人の原告が死亡した。もう待てない」と述べ一刻も早く和解協議に応じることを国に強く求めた。

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:36人が追加提訴、原告419人に
B型肝炎訴訟:原告団が和解勧告受け入れ確認
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示
B型肝炎訴訟:「いつ発症するか不安」 原告400人超えた

桜と笑顔ほころぶ巣立ちの季節(読売新聞)
外相、28日から米・カナダ訪問=普天間移設、検討状況説明へ(時事通信)
<行方不明>海岸の遺体は長崎・雲仙の18歳女性(毎日新聞)
<LDH賠償訴訟>旧経営陣らと和解成立(毎日新聞)
核軍縮へ共同提案=日豪(時事通信)
スポンサーサイト

<新種の人類>4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)

 約4万年前にロシア南部で未知の人類が暮らしていた可能性の高いことが、独マックスプランク研究所などの分析で分かった。約104万年前に現生人類やネアンデルタール人と共通の祖先から枝分かれし、独自に進化したらしい。25日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 研究チームは、ロシア南部のアルタイ山脈にあるデニソワ洞穴で見つかった指の骨片を分析した。細胞内の小器官「ミトコンドリア」からDNAを取り出し、塩基配列を特定、現生人類やネアンデルタール人、チンパンジーなどと比較した。

 その結果、骨片は約104万年前に現生人類やネアンデルタール人と共通の祖先から枝分かれした新しい人類のものと結論づけた。また、骨片が出土した地層の年代が4万8000~3万年前だったことから、4万年前まで存在していたことも判明した。

 人類の起源はアフリカと考えられている。約190万年前、猿人から進化した原人がアジアへ移動。原人は、約47万年前にネアンデルタール人の祖先と現生人類の祖先にそれぞれ進化したとされている。チームは「未知の人類はユーラシア大陸で、他の人類の祖先と近接して共存していたようだ」としている。【元村有希子】

【関連ニュース】
古代人の生活体験を 8月に1泊ツアー
世界の雑記帳:4万年前に「未知の人類」、ロシア南部で小指の骨発見
人類のふるさとアフリカ

高橋洋一の民主党ウォッチ お笑い民主の「天下り根絶」 自公政権より役人やりたい放題(J-CASTニュース)
警官のネクタイ引っ張り抵抗、女性米兵逮捕(読売新聞)
日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)
鳩山首相の金銭感覚、政治家としてどうなの?(産経新聞)
<殺人未遂>看護師を再逮捕へ 高濃度インスリン投与の疑い(毎日新聞)

日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査(産経新聞)

 環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーが日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に違法侵入した事件で、SSの抗議船「アディ・ギル号」船長のピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)=ニュージーランド国籍=の侵入を、他のSSメンバーが手助けしていたことが22日、捜査関係者の話で分かった。東京海上保安部は共犯の疑いがあるとみて、メンバーの特定を急いでいる。

 ベスーン容疑者は日本時間の今年2月15日午前9時ごろ、南極海で調査捕鯨活動中の第2昭南丸に別の抗議船から水上バイクで接近し、違法に船内に立ち入った艦船侵入容疑で逮捕されている。

 捜査関係者によると、ベスーン容疑者が第2昭南丸に近づいた際、SSのほかのメンバーが水上バイクに同乗。このメンバーは水上バイクを操縦するなどして、不安定な海上からベスーン容疑者が第2昭南丸に乗り込むのを手助けし、そのまま立ち去った。

 このメンバーは、あらかじめベスーン容疑者とともに第2昭南丸への侵入を計画。ベスーン容疑者が水上バイクから第2昭南丸の甲板へロープを投げかけ、甲板に上るなどして侵入に成功するのを確認してから、逃亡したとみられる。

 手助けしたメンバーは特定されていないが、ベスーン容疑者の艦船侵入の意思を認識して一緒に第2昭南丸まで接近しているため、東京海上保安部では艦船侵入の共犯の疑いがあるとみて調べを進めている。

 SSメンバーの事情聴取は難しい情勢だが、東京海上保安部はベスーン容疑者の供述やこれまでに撮影された捕鯨妨害の映像、押収資料などから、メンバーの特定を急いでいる。

首相 小林氏処遇で朝令暮改 処分検討→自身で判断(産経新聞)
元看護師の死刑確定へ=福岡連続保険金殺人-最高裁(時事通信)
手塚治虫少年が昆虫追った森に記念碑…宝塚(読売新聞)
ショートステイの取り組み事例で意見交換―東社協(医療介護CBニュース)
民主内紛 生方氏、自己責任で話すのは当然 高嶋氏、外部に批判出たのは問題(産経新聞)

<奈良>5月に赤ちゃん誕生だった 矢刺さり死んだ雌ジカ(毎日新聞)

 奈良市の奈良公園でボーガン(洋弓)の矢が刺さって死んだ雌ジカを「奈良の鹿(しか)愛護会」が17日に解剖したところ、妊娠していたことが分かった。赤ちゃんは雄ジカ。シカの出産シーズンは5月上旬で、生きていれば約1カ月半後に生まれていたとみられる。同会には、全国からシカの冥福を祈る電話やメールが寄せられている。

【被害シカの悲しい写真付き】奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷

 同会の獣医師らが、妊娠や傷の確認のために解剖した。左腹部に刺さった矢は左肺を貫通し、肝臓を傷つけて右肺に達していた。体内から、体長約35センチの雄の赤ちゃんが見つかった。シカは火葬され、保護施設「鹿苑(ろくえん)」の中にある「鹿塚」に埋葬される。 【花澤茂人】

【関連ニュース】
<事件の続報>奈良公園:矢の刺さったシカ死ぬ
<動物受難>事故死した動物はどこへ? 市町村が焼却処理
<動物受難>戦場に散った動物たち ペットも軍用に
<かわいい動物で和もう>動物の赤ちゃんもいっぱい 毎日動物園

自民、小林氏の議員辞職勧告決議案提出へ(読売新聞)
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」(産経新聞)
<JR羽越線事故>「突風は予測不可能」で不起訴処分に(毎日新聞)
大阪府警が誤認逮捕=「わいせつ未遂」にアリバイ-無職男性、8日後釈放(時事通信)
規制見直し「遅い」 分権委、声明案で批判(産経新聞)

京都-門真 第二京阪が全線開通(産経新聞)

 京都市と大阪府門真市を結ぶ「第二京阪道路」(約28・3キロ)の全線開通を記念する式典が20日午前、門真市で開かれ、関係者がテープカットなどをして完成を祝った。一般車両は同日午後3時から通行できる。

 今回の全線開通で、大阪市役所から京都市役所までの移動時間が、従来の国道1号を利用した場合、約2~3時間だったのが、約1時間に大幅短縮されるほか、並行して走る名神高速道路の渋滞緩和効果なども期待されている。

 記念式典は門真市民プラザで開かれ、上総周平・国土交通省近畿地方整備局長や園部一成・門真市長らが出席。式典後は第二京阪門真IC(インターチェンジ)近くの本線上に移動し、関係者がテープカットをした。

 一方、彼岸の3連休初日で好天となったこの日午前、行楽地などに向かう車で近畿の高速道路は混雑。日本道路交通情報センターによると、早朝に兵庫県宝塚市の中国自動車道で起きた大型トラック3台の追突事故をきっかけに渋滞が始まったとみられ、午前10時半には京都方面に向かう中国道や名神高速道路で最大39キロとゴールデンウイーク並みになった。

入居者介護中に出火か=一時ストーブから離れる? -グループホーム火災・道警(時事通信)
自転車共同利用 富山で本格導入 150台で環境に貢献(毎日新聞)
まるで異国?! 定住化進む池袋チャイナタウン(産経新聞)
マンション入り口に男性遺体=腹に傷、殺人事件で捜査-大阪府警(時事通信)
国分寺の殺人事件、男6人を逮捕監禁容疑で逮捕(読売新聞)

<インフルワクチン>来季は季節性と新型の3種混合に(毎日新聞)

 厚生労働省は15日、今秋以降に製造される来季のインフルエンザワクチンを、新型と季節性を混合した1種類に統一する方針を明らかにした。今季は季節性と新型の両方の免疫を高めるため、それぞれのワクチンを接種する必要があったが、来季は1回の接種で済む。

 今季の季節性ワクチンはAソ連(H1N1)型、A香港(H3N2)型、B型の3種類の季節性ウイルスを混合して作られた。世界保健機関(WHO)が今季流行しなかったAソ連型の代わりに新型を入れるよう推奨したため、厚労省は新型を含めた3種混合ワクチンの製造をメーカーに要請することにした。

 副作用による健康被害が生じた場合は、今国会に提出している改正予防接種法に基づき、これまでの季節性より高い新型対応の給付金が支払われる。【佐々木洋】

【関連ニュース】
インフルエンザ:受診者が5週連続で減少 定点医療機関
新型インフル:東大、名古屋大など追試せず
センター試験:インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ
新型インフルエンザ大流行に備える/1 「警報レベル」超えた
インフルエンザ:受診者数、5週連続で減少

テンの侵入口、屋根付近のすき間か…毛が付着(読売新聞)
在宅医療は「医薬分業、開局薬剤師の試金石」(医療介護CBニュース)
大相撲大阪場所の「ふれ太鼓」が本社訪問(産経新聞)
<覚せい剤所持容疑>「JAYWALK」のボーカリスト逮捕(毎日新聞)
診療報酬改定受け「地域・院内での連携を」(医療介護CBニュース)

「頭にべっとりと血だまりが…」 被害者の調書が事件を再現(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第5回公判】(3)

 《事件で亡くなった川口隆裕さん、Aさんらと行動をともにしていた際、加藤智大(ともひろ)被告(27)のトラックにはねられた男性被害者Bさんの供述調書の読み上げは、被害に遭う直前の状況で一度、途切れた。弁護側が証拠採用に同意しなかった事件の核心部分は読み上げられず、検察官は、トラックにはねられ、刃物を持った加藤被告が現れた直後の部分から読み上げを再開した。加藤被告はうつむき加減で身じろぎもしない》

 検察官「それで私は刃物を持っている男がいなくなったと思い、川口君とA君を探し始めました。川口君の周りには人が何人かいて、心臓マッサージをしていました」

 「川口君の頭の辺りはべっとりとした血が血だまりになっていて、目は瞳孔が開いた感じになっていました。素人目にも、とても危ない状態と思いました」

 「さっきまで一緒に話しをしていたのに、まるで悪い夢を見ているみたいで現実と思えず、どうしてよいか分かりませんでしたが、とにかく『川口、川口』と叫びました。C君も同じように川口君の名を呼んでいました。でも反応はありませんでした」

 「その後A君を見つけ、周りの4~5人の人とA君をあおむけにし、その場にいた人がA君に心臓マッサージを始めました。A君は川口君と同じように口から血が流れ、着ていた服は、はだけていました。さっきまで話していたA君がこんな状態になっていることが信じられませんでした」

 「A君は目を閉じていたので(瞳孔が開いていた)川口君より良い状態なのではと思いました。助かってほしいと思いながらA君の名前を呼びました」

 「川口君とA君の間を行ったり来たりしました。川口君の生気のない目が私を見つめているように感じました。『助かるのでは』と思い、助かるように祈っていました」

 《その後、けがをしていたBさんはAさんとともに病院に搬送され、手当を受けた。その病院でAさんの容体がBさんに告げられた》

 検察官「A君について『非常に厳しい』と伝えられました。私はとっさに逃げることができましたが、逃げられなければ殺されたはずです」

 「その後、私は川口君とA君の通夜や告別式に参列し、それぞれ弔辞を読ませていただきました。まだ2人が亡くなったことが信じられない気持ちです」

 「事件後にカラオケに行ったとき、川口君がその場にいないことに気付き、亡くなってしまったんだと思いました。それでもまだ信じられない気持ちです」

 「大学の食堂では今もA君がいつものようにニンテンドーのゲーム機DSを持って現れるのではないか、と思います」

 「川口君とA君と会い、他愛もない話しをしたいです。2人が続きを楽しみにしていたマンガや映画を見せてあげたいです。2人はまだ若くやりたいことがたくさんあったはずです。犯人には当然極刑を望みます」

 「犯人は人生に絶望していたという報道がありましたが、『どうして川口君やA君を巻き込んだのか』『どうして1人で死ななかったのか』と言ってやりたいです」

 《友人を突然失った悲しみが切々とつづられた調書。続いて、Bさんの証人尋問に移る。加藤被告から証人を遮る遮蔽(しゃへい)用のついたてが置かれた。ついたての向こう側でBさんが席に着く気配がした。宣誓の後、検察側の尋問が始まった》

 検察官「平成20年6月8日午後0時30分ごろ、ソフマップ前の交差点で、あなたは信号を無視して突っ込んできたトラックにはねられ、けがを負いましたね」

 証人「はい」

 《大型モニターに現場交差点の地図が映し出される。検察官が、被害に遭ったときのBさんらの位置関係を確認すると、Bさんがゆっくり説明する》

 証人「私の左隣にCさん、後ろに川口君とA君がいました」

 検察官「前の2人と後ろの2人はどのくらい離れていましたか」

 証人「1メートルも離れていなかったと思います」

 検察官「横断歩道を横断中に何か起きましたか」

 証人「私たちの進行方向にいる人たちがにわかに騒ぎ出して様子がおかしく、右手方向を見たら、トラックが突っ込んでくるのが見えました」

 検察官「あなた方は、まだ横断歩道を渡りきっていませんでしたか」

 証人「はい」

 《この後、検察官は突っ込んできたトラックの様子を詳細に尋ねていく。加藤被告は時折、手で首筋に触れるなどするが、あまり動かない》 =(4)に続く

【関連記事】
(2)アニメ好きの4人組、映画帰りに「突然トラックが…」 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
(1)「その見取り図作成は忘れました」 証人の警察官が正直に“告白” 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
秋葉原殺傷きょう第5回公判 被害者や警察官ら、5人の証人尋問
被害者に証人尋問 「秋葉原殺傷 第4回公判特集」
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
20年後、日本はありますか?

<小野竹喬展>記念の俳句コン入賞者決まる(毎日新聞)
30代女性の財布に負ける諭吉1枚 会社員の懐具合 民間調査(産経新聞)
<中村耕一容疑者>大麻やコカイン、自宅から押収(毎日新聞)
<鳩山首相>「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」(毎日新聞)
対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割(産経新聞)

<JR高山線>線路のボルト折れる…岐阜・下呂(毎日新聞)

 10日午前10時8分ごろ、岐阜県下呂市小坂町のJR高山線の鉄橋上で、レールのつなぎ目がずれているのを橋の工事のため現地にいた作業員が見つけた。JR東海によると、レールをつなぐ2枚の継ぎ目板(幅12センチ、長さ56センチ)を固定する4本のボルト(直径19ミリ、長さ135ミリ)のうち、2本が折れていた。

 現場は単線。ボルトの取り換え作業のため同日午前11時11分まで運行を見合わせ、上下3本の列車に最大65分の遅れが出た。

 同社によると、継ぎ目板のボルトが折れるのは珍しく、原因を調べている。この日は始発からボルト破損が見つかるまで、特急3本を含む計11本の列車が現場を通過したが、列車に異常はなかったという。【黒尾透】

【関連ニュース】
「リニモ」:停電で900人閉じ込め 愛知の無人運転列車
名古屋市営地下鉄:線路に女性、はねられて死亡…伏見駅
名鉄名古屋本線:踏切で高齢の夫婦はねられ死亡
近鉄名古屋線:川越富洲原駅橋上化 新旧の駅舎、好対照な趣 /三重
鉄道トラブル:名古屋市営地下鉄で停電 46本、一時停車 /愛知

<将棋>羽生、封じ手は5四歩 王将戦第5局2日目始まる(毎日新聞)
無利子預金の存在を確認=運用益、米に提供可能性-沖縄密約(時事通信)
愛子さま、4時限目だけ登校(時事通信)
登校問題で両陛下「誰も犠牲にならぬ配慮を」(読売新聞)
菅野美穂、「坂の上の雲」への思い語る 松山でトークショー (産経新聞)

倒壊鎌倉大銀杏「回復は不可能」 県が撤去打診、輪切りで保存を要請(産経新聞)

 強風の影響で根本から横倒しになった神奈川県指定天然記念物の鶴岡八幡宮(鎌倉市)の大銀杏(おおいちよう)について、同県が八幡宮側に撤去を打診する一方、「幹の一部を輪切りするなどの方法で保存してほしい」と要請したことが11日、分かった。八幡宮側も協議に応じる考えで、推定樹齢1000年のご神木は、年輪を見せる姿に形を変えて保存される可能性が出てきた。

  [フォト]源実朝ゆかりの「隠れ銀杏」で有名だったが…

 10日未明に倒れた大銀杏は樹齢推定1000年。鎌倉幕府の3代将軍実朝(さねとも)を暗殺した公暁(くぎょう)が、身を隠していたとの伝説も残っている。横倒し後、銀杏の周辺では神事も行われ、11日には大銀杏を心配する参拝客らが朝から神社を訪れた。

 県生涯学習文化財課は大銀杏が横倒しになった後、県文化財保護審議会委員らの識者から意見を集めたが、根本から折れていることなどから「回復は不可能」との意見が多数を占めた。

 このため同課は、植え直ではなく、撤去する方針を八幡宮側に伝える一方、歴史的な価値が高いことを考慮し、幹の太い場所を輪切りにして残すなど、何らかの形で保存できないか検討を始め、八幡宮側に要請したという。神社側では「対応については、今後協議する」としている。

【関連記事】
天気大荒れ、栃木県内でも被害 転倒、停電、スリップ事故…
強風による倒木で中央線立ち往生 乗客約80人が6時間閉じ込めらる
列島大荒れ、九州で高速道通行止めや一時停電
全日空、日航で欠航相次ぐ 強風や降雪で羽田発着便など70便
列島荒れ模様、近畿北部30センチ積雪の予想

借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に-同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
<宮城・自殺偽装>5容疑者、1億円以上の保険金山分け(毎日新聞)
血液型は13種類以上…犬の献血、需要高まる(読売新聞)
亀井氏、有事の核通過は「緊急にやればいい」(産経新聞)
フィギュア 小塚、鈴木両選手 入賞「自信」胸に帰国(毎日新聞)

“贅沢”な公邸改修 平均予算179万円超(産経新聞)

 政府は9日の閣議で、鳩山由紀夫首相と幸夫人が昨年10月末に首相公邸に入居する際に内装改修などで支出したのは約474万円だったのに対し、安倍晋三元首相は約222万円、福田康夫元首相は約282万円、麻生太郎首相は約382万円だったとする答弁書を決定した。過去3代の歴代首相の平均(約295万円)を約179万円上回った。

 また、内装補修費(約218万円)の内訳については、和室の床改修、障子の張り替え、室内の壁とフローリングの床の補修で約149万円、台所天板交換で約69万円かかったと説明。2台購入した洗濯乾燥機はパナソニック製の「NA-VR5600L」であることも明らかにした。

【関連記事】
「静かに休みたくて…」 首相公邸の和室を洋室の寝室に
小沢氏が波紋呼ぶ発言「考えるところある」
「公邸の浴室改修」…実は寝室改装
小沢氏ショック! 内閣支持率下落が止まらない!戦略裏目
「総理と幹事長、よく説明を」、内閣支持率低下で 直嶋経産相
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<中央環境審>小委 石綿肺も救済法対象とする答申案を了承(毎日新聞)
小中学生がひったくり=容疑で逮捕「遊ぶ金欲しく」-大阪府警(時事通信)
沖縄返還時「密約」、米銀行に無利子預金口座(読売新聞)
川崎病のモデルマウス作製法、大阪の医師が確立 治療法改善に期待(産経新聞)
ミャンマー人男性は「難民」=不認定処分取り消し-福岡地裁(時事通信)

<偽札>2容疑者逮捕 東北4県で使用か(毎日新聞)

 青森など東北4県で偽1万円札が相次いで見つかった事件で、青森県警は8日、埼玉県八潮市八條、無職、村上太一(29)と、同県草加市松原1、自称会社員、清水慶一(29)の両容疑者を偽造通貨行使の容疑で逮捕したと発表した。県警は偽札の入手経路などを調べている。

 容疑は、今年1月27日午後1時55分ごろ、青森市内の商店でたばこ1箱を買う際、偽1万円札を使ったとしている。

 金融機関などによると、偽札は1月下旬、青森、岩手、宮城、福島各県で約60枚以上が使われたとみられる。うち青森、福島両県で見つかった計14枚は記番号がいずれも「HT794921S」で、同一犯による可能性が高いとみられている。

 青森市では、防犯カメラのない菓子店など個人商店が中心に狙われた。市内の酒店で見つかった偽札は赤みがかっていたものの、透かし部分に福沢諭吉の顔がうっすらと写っていた。偽造防止用のホログラムの数字も角度によって少し見えるなど、本物との区別が付きにくいものだった。

 県警は偽札の製造元や他に関係者がいないかなどを捜査している。【山本佳孝】

【関連ニュース】
偽1万円札:関東で数百枚発見 日本人2人関与か
偽1万円札:タクシー料金支払いで使う…前橋、高崎で3件
偽札:東北4県で60枚に…ホログラム精巧、判別難しく
偽1万円札:数百枚、関東で発見 日本人2人関与か
児童買春禁止法違反:援交報酬に「偽1万円」 容疑で会社員逮捕--京都府警

野口飛行士 宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に(毎日新聞)
高裁も同じ判断「ホッ」裁判員経験者が控訴審傍聴(読売新聞)
<4歳児衰弱死>市が対応協議中に死亡 埼玉・蕨(毎日新聞)
盗難トラック、スーパーに突っ込む…ATM狙う?(読売新聞)
愛子さまが通学せず=学校生活、不安訴え-宮内庁(時事通信)

非核三原則、見直さず=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は4日夕、日米間の「核持ち込み密約」問題で焦点となっている非核三原則の扱いについて、今後も堅持していく方針を表明した。首相官邸で記者団が「非核三原則を見直す考えはあるか」と質問したのに対し、「ありません。われわれとすれば守るべきだ」と明言した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真ニュース〕鳩山首相、政治家の監督責任強化に意欲
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
普天間移設、月内に政府方針=鳩山首相
協議機関は目くらまし=「濁ったH2O」と民主批判

<大津波・津波警報>鉄道24路線、東名高速などに影響(毎日新聞)
時効撤廃法案、12日閣議決定へ=民主が了承(時事通信)
鳩山首相「韓国の活躍もお祝いしたい」(産経新聞)
岩手・久慈で最大波90センチを観測(産経新聞)
<放火>油まいた男が焼死 京都・知人の夫婦重傷(毎日新聞)

入れ歯安定剤を自主回収=亜鉛で副作用の恐れ-英グラクソ(時事通信)

 英製薬大手のグラクソ・スミスクライン(GSK)の日本法人(東京)は4日、GSKが製造し、アース製薬が販売する入れ歯安定剤「新ポリグリップEX」の生産を中止し、自主回収すると発表した。同製品は粘着性を高めるために亜鉛を含有。製品の使用によっては亜鉛の過剰摂取となり、貧血や手足のしびれなどの副作用を引き起こす恐れがあるため。
 2007年9月の発売で、計二百数十万本を出荷。現時点で13万1500本が流通しているという。これまでに、顧客から製品使用による手のしびれなど計3件の問い合わせがあった。GSK側は因果関係は不明としているが、「予防的な措置」として製造中止を決めた。ただ、亜鉛を含まないその他製品の安全性は問題ないという。
 購入済みの製品については、返品や代替品への交換に応じるという。問い合わせ先はフリーダイヤル(0120)239912。 

【関連ニュース】
AEDの不具合疑い328件=01年以降で
乳幼児用お尻ふき自主回収=王子ネピア
新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」
日本製けん玉に基準超の鉛=約300個を回収
ビューラー114万個自主回収=金属部品破損で、2人がけが

「金融商品で損」私大職員、行員の不倫写真捏造(読売新聞)
東京湾濃霧 視界100メートル…羽田180便欠航/タンカー衝突、航行制限(産経新聞)
「被害2万円」居合わせた客、実は共犯 姫路のゲーム喫茶強盗(産経新聞)
津波到着なら、28日午後以降=チリ大地震で気象庁(時事通信)
診療報酬改定に不満表明、民主議連の桜井会長(医療介護CBニュース)

<石井一参院議員>郵便不正事件での口添えを否定(毎日新聞)

 郵便不正事件で、障害者団体の偽証明書発行に絡み、検察側が厚生労働省側に協力の口添えをしたと指摘している石井一・民主党参院議員は25日、大阪市内であった後援会の会合で、「何の覚えもない」と話した。また、記者団の取材にも「厚生労働なんて関係したこともない。何で(私が)電話をかけるのか」と口添えを明確に否定した。

 検察側主張では、石井議員は、障害者団体側から依頼され、厚労省元部長に電話で証明書発行を要請したとされる。発行に関与したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚労省元局長、村木厚子被告(54)の公判に3月4日、証人出廷する。

 一方、村木被告の公判が25日、大阪地裁であり、偽証明書を作成したとされる元係長、上村勉被告(40)が証人出廷。起訴直前、検事から要求されて反省文を書いたことを明かし、「村木被告の指示を書かなかったら、検事から怒られて書き直した。拘置が続くと思い逆らえなかった」と証言した。

【関連ニュース】
郵便不正:元係長が村木被告の指示否定 大阪地裁
郵便不正事件:石井議員との「面会記憶ない」と元記者証言
郵便不正:村木元局長の指示否定、上村被告前任の元係長
郵便不正事件:厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判
野党:民主党の石井選対委員長「チベット発言」を一斉批判

自動ドア開かず客が衝突死…愛知県七宝町のラーメン店(スポーツ報知)
パナソニック電工、長榮専務が社長に就任へ(レスポンス)
<長崎知事選>「政治とカネ」も敗因の一つ 鳩山首相(毎日新聞)
<鳩山首相>朝鮮学校の除外は未定 高校無償化で(毎日新聞)
2人強盗殺人「供述記憶ない、書面心当たりない」 鳥取地裁(産経新聞)

自殺 対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン(毎日新聞)

 自殺対策強化月間が始まった1日朝、福島瑞穂内閣府特命担当相らが東京都港区のJR新橋駅前で、通勤途中のサラリーマンらに向けた街頭キャンペーンを実施した。

 年間3万人を超える自殺者は年度末の3月が最も多く、年間自殺者の約4割が40~60代男性であることから、中高年男性に的を絞った。不眠がうつ病の兆候とされていることから、「お父さん眠れてる?」と問いかけるチラシが入ったポケットティッシュを配った。テレビCMも1日から2週間放映される。

 福島担当相は「最近疲れているかなと気づいてもらうための(睡眠)キャンペーン。雇用、社会保障などの施策をしっかりやっていくというメッセージとしても伝えたい」と話した。【佐藤浩】

【関連ニュース】
<ピンときた捜査員>「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に
<前原国交相>「中2の時、父が自殺した」33年後に明かす
<オリックス・小瀬選手>自殺か キャンプ先で転落死
<瑞浪「いじめ」自殺>両親、遺書に名前のある生徒ら提訴へ
<昭和毎日>太宰治氏が入水自殺(1948年6月13日)

<津波>危機管理センターを設置 対応に追われる…政府(毎日新聞)
手配容疑者、来院したら通報=美容外科業界と協定-警察庁(時事通信)
<世論調査>国会不信、若者の7割超す 総務省外郭団体(毎日新聞)
米49ersチアリーダーが関空増便PR(産経新聞)
10道府県で流行目安下回る=インフル患者、4週連続減-感染研(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。